ユーチューブ動画

文字列型の変数と出力について解説します。

ソースコード

解説

文字列というのは、文字の集合です。データ型の中にはchar型というのがありますが、

これは1文字しか扱うことができません。

ここで紹介する文字列型は複数の文字を扱うことができる、

大変便利なデータ型です。

 

Javaプログラムで、文字列を扱うときには、Stringというデータ型を利用します。

String str1と記述すると、文字列型をもつ変数str1を宣言できます。

str2の部分も同様です。

 

イコールの右側には、文字列のデータが入ります。

Javaで文字列を表すときには、ダブルクオテーションを使います。

これを文字列リテラルと呼んでいます。

special priceという文字列が、str1という変数に入った。

3000という文字列が、str2という変数に入ったと解釈できます。

 

文字列の中に¥マークが含まれていることに注目してください。

例えば、¥”の部分。この2文字でダブルクオテーションを示します。

また、¥¥と記述して、初めて1つの¥マークのことになります。

このように特別な意味を持つ文字列をエスケープシーケンスと呼びます。

なお¥マークと”の間にスペースを入れてはいけません。続けて記述してください。

 

これでプログラムを実行してみると、”special”priceや、¥3000と表示されます。

エスケープシーケンスで、2文字書いたところが1文字に変換されていますね。

他にも¥tと記述するとタブを表現したり、¥nと記述すると、改行文字を表現できます。

 

文字列はプログラムでよく扱いますからしっかり覚えましょう。

「こんな文字列を表示してみようか」と、いろいろとプログラムを改造して、試してみてください。

以上、文字列型の変数と出力について解説しました。

 

このサンプルコードをJavaタッチタイプゲームとして遊ぶことができます。