ユーチューブ動画

オブジェクト指向の基本-メソッドの作成-戻り値なし-引数ありについて解説します。

 

ソースコード

解説

メソッドの作成-戻り値なし-引数ありについて解説します。

 

メソッドは、複数の処理を一つにまとめることができる文法です。

何度も同じ処理を記述するよりも、一カ所にまとめて記述したほうが効率がよいですし、メンテナンスもしやすくなります

ここでは、戻り値なし-引数ありのパターンを解説します。

 

サンプルコードを確認しましょう。

メソッドを作成するときには、アクセス修飾子、戻り値の型、メソッドの名前、引数のリストを記述し、メソッドの処理を中括弧で囲みます。

 

戻り値がない場合はvoidとつけます

引数はメソッドを呼び出すときの入力値の受け皿です

カッコの中に変数を宣言します。

この変数が受け皿になります。

複数の引数がある場合は、カンマで区切ります。

今回のsetProductNameメソッドは、引数に入力された値をメンバ変数に格納します。

特に決まりになっているというわけではありませんが、メンバ変数の情報と引数が同じ情報であれば、メンバ変数と引数の名前を同じにしておきましょう。

ただし、区別が付かなくなってしまうので、メンバ変数にはthisをつけるという決まりになっています。

 

Mainメソッドを持つBasicClassを確認しましょう。Productクラスのインスタンスが作成されています。

setProductNameメソッドの引数にpencilが代入されています。

すると、メソッドの引数productNameにpencilが代入されることになります。

メソッドの内部で、引数からメンバ変数に代入されて、処理が終わります。

 

こんなメソッドを作成みようかと仮説を立ててみて、ぜひ新しいメソッドにもチャレンジしてください。

以上、メソッドの作成-戻り値なし-引数なしについて解説しました。

 

 

このサンプルコードをJavaタッチタイプゲームとして遊ぶことができます。