ユーチューブ動画

toStringメソッドについて解説します。

 

ソースコード

解説

toStringメソッドについて解説します。

 

toStringメソッドは、インスタンスの内容を文字列で返すためのメソッドです。

toStringメソッドを利用すると、インスタンスの内容を人間が読める形に変換することができます。

インスタンスの中身を検証したり、ログ出力にも応用されているので、覚えておきたい文法です。

 

Javaのすべてのクラスは、java.lang.Objectクラスを継承することになっています。

見えないですが、暗黙的に継承していることになっています。

toStringメソッドは、Objectクラスで定義されていますが、サンプルコードのように同じメソッドを定義することで、処理の中身を書き換えることができます。

 

ここでは、メンバ変数の内容を返すようにしました。

 

実際に利用するときには、インスタンスからtoStringメソッドを呼び出します。

ここもポイントですが、printlnメソッドでは、暗黙的にtoStringメソッドを呼び出します

したがって、インスタンスさえ記述すれば、勝手にtoStringメソッドが呼び出されます。

不思議ですね。

 

結果は、インスタンスのメンバ変数が表示されます。

 

Javaには、いくつかこうした暗黙的に行われることがあります。

慣習のレベルとして、覚えておきましょう。

以上、toStringメソッドについて解説しました。

 

このサンプルコードをJavaタッチタイプゲームとして遊ぶことができます。