ここでは、IT系企業の新入社員向けにHTMLを解説しています。

デザイナーになるほどHTMLに詳しくなくてもいいけれど、Webアプリを作る上で必要な入力画面は自力で作りたい、あなたのためのページです。

5.属性の設定

属性を指定することで、要素を選びやすくなります。

 

id

まずは「id」について。

 

何かのタグに下記のようにidを指定することができます。

属性の書き方は以下の通りです。

<要素名 属性=”属性値”>

ここで付けたid名はこのファイルでは1つしか付けることができません。

identificationの略ですから唯一のものになります。

あなたと全く同じ免許証やパスポートを持っている人がいたとすれば問題になりますね。

 

class

次に「class」です。

 

 

classは先ほどのidとは違い、

ファイル内に同じclass名を複数付けることができます。

学校のクラスにも色々な人がいますね。

 

div

最後に「div」です。

divはこのように要素を囲って使うことが多いです。

単体では特に意味を持たないタグですが、

囲った部分をブロックレベル要素としてグループ化することができるタグです。

ちなみにdivision(部分)の略です。

 

span

最後に「span」です。

「SPAN」とは、単体では特に意味を持たないタグですが、

囲った部分をインライン要素としてグループ化することができるタグです

これは一部分の見た目を変えたいときなどに使います。

 

今回はid, class, div, span属性系について学びました。

次回は「リンク」について学びます!