IT技術者のためのリーダーシップ研修にいただいた感想をご紹介します。


楽しかった。いろんな人と接する事が出来た。e-learninngのような机上の空論ではなく、経験することができた。

私の将来ビジョンは、ビジョンというより「今の私のやるべきこと」のようになってしまっているので、もっとスパンのあるビジョンを描くべきだったと後悔している。

SWOT手法なれないと難しいいですが、早くできれば、自己分析でき自分ではなかなか気付けないことわかりそうです。

リーダーシップ、マネジメントの違いが分かりました。コーチングの演習時間も多くあり、良かった思います。

コーチングという名称は聞くが、ほんとうの意味、内容については、理解が低かったが、今回理解を深めることができた。

コーチング、ビジョンをつ作るということは、知っていたけど、実際にやってみるのは、はじめてだったので興味深かったし、難しさをあらためて実感した。

E-ラーニングと違い、ロールプレイによる実際の経験が出来たことがよかった。

役職が上がり、部下の面談を行う機会が増えてきたので、今回のセミナーは非常に有意義なものでした。リーダーシップとコーチングを意識して実践していきたいと思います。

人に教えるときにすぐ答えを教えてしまうが相手の成長を考え相手に質問することも大事だということに気付く事ができた。自分のビジョンが明確になり次に何をする必要があるか理解することが出来た。

自分やチームで考える時間が多くとれたので、コミュニケーションも含め大変有意義でした。

リーダーに必要となる力として問題点の解決となる答えを提供する力だけでなく、引き出す力が必要であり重要なことが良くわかった。

考える事、変わる事、話すこと1聴くことなどが大事と改めて実感できた。
コーチングは日々の仕事ですぐ実践できそうなので試してみたい。

リーダーシップについての定義や理論を知る事が出来た。コーチングなどの体験を通して自分に不足している点や長所が客観点に知れたため、価値があったと思います。

客観的に自分をみてもらえる機会があり、案外自分でもできているところがあるんだなと気付きました。知らない人の多いので、毎回緊張しますが、お話できる機会も多かったので、楽しめました。