2015年10月7日-9日の3日間で「ITエンジニアのためのコミュニケーション研修」が北海道ソフトウェア技術開発機構様主催で開催されました。

後日メールで感想をいただきましたので許可をいただき転載いたします。
他社の方々と集まった研修。皆さんが協力し合い、グループセッションを進めていくうちに、あたたかなコミュニケーションを体感されていかれました。終了時は名残惜しそうなご様子で、談笑されていました。素敵な出会いの場にしていただけて、わたくしも楽しく感謝の気持ちでいっぱいです!今後のご活躍をお祈りしております。


先日の研修では大変お世話になり、ありがとうございました。 大変有意義な時間を過ごすことができました。 研修出席者とのコミュニケーションも多くあり、今まで色々な研修を受講してきましたが、 小里さんの研修はとても印象深く心に残っております。 日々業務をこなしていると、自分を見つめる時間がなかなか見つけられなくなってくるところですが、 定期的に今回の研修内容を振り返り、活かしていきたいと思います。 本当にありがとうございました。


講習の後に実務に戻りましたが、自分も報告を受ける側も余裕がない状況になったためになかなか文章を書いてる暇や読む暇がないということで口頭でのコミュニケーションをする機会が多くなりました。その際は講習で教わったNG動作を極力なくして会話できました。相手の目を見る、手を前に置くというだけでもスムーズに進めたと思います。

逆に聞こうとすることに自信がなく、目線が泳いだりすると会話は駄目になりました。
やはり感覚的に思っていることと知っていることでは違うと感じます。
その点、教えられたことを即実践でフィードバックしてもらえたのは少しでも経験を詰めたということで良かったと考えています。